空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

空き家を活用することで新しい価値を生み出し、社会的課題解決へつなげる好循環をつくるために書いているブログです。

中古住宅の価値が市場で正当に評価されるようにするために必要な3つのこと

以前、書籍「世界の空き家対策」に基づいて、なぜ中古住宅の市場性が乏しいのかということをまとめました。今回は、中古住宅の価値が市場で正当に評価されるようにするために必要なことを3つにまとめます。(参考記事:中古住宅の価値の評価が不適切 カテゴ…

満員電車の経済損失がどんでもない

満員電車の経済損失「年間3240億円」 満員電車による電車遅延の経済損失 満員電車によるストレスの経済損失 満員電車によるまったく身動きができないことによる経済損失 満員電車に乗らない&通勤時間を減らす 満員電車の経済損失「年間3240億円」 今回はコラ…

再開発事業で取り壊される予定のビルの1階で「空き家問題・遊休不動産」をテーマにイベント開催

取り壊し予定のビルの1階でイベント 中古住宅の価値が評価されない 大事なのは物件価値を上げる仕組み 1時間単位で貸し借り 取り壊し予定のビルの1階でイベント 2018年10月31日(水)、原宿の神宮前交差点という超一等地にあるビルの1階のスペースで「空き家…

VR技術を活用した擬似内見サービスが今後広がりそう

VR技術を活用した擬似内見サービス 「VR内見」が中小不動産会社にも広がりそう 「VR内見」のメリット VR技術を活用した擬似内見サービス 2018年10月26日(金)放送の「TOKYO MX NEWS」で、VR技術を活用した擬似内見サービスが紹介されていました。キャスター…

なぜ中古住宅の市場性は乏しいのか

先日、刊行記念トークイベントも開かれた「世界の空き家対策」の「1章 日本と海外の空き家対策最前線>1 空き家の実態>(2)空き家増加の背景」から、なぜ中古住宅の市場性が乏しいのかについてまとめます。著者は富士通総研経済研究所主席研究員の米山秀隆さ…

適切に空き家管理して空き家を流通させる

ハイアス・アンド・カンパニー(株)が2018年5月から6月にかけて首都圏4箇所で空き家対策セミナーを開催し、そのセミナーに来場した70名を対象に「空き家に関する問題意識アンケート」が実施されました。この空き家対策セミナーは空き家を所有している方や空…

実家が空き家になる可能性ありは約4割

「実家が空き家になる可能性あり」が約4割 「将来、住む予定がない」が約7割 「住んでいる」が約7割の不思議 「もし実家が空き家になったら」→「まだわからない」が約4割 「実家が空き家になる可能性あり」が約4割 不動産の比較査定サイトであるスマイスター…

知っておきたい!空き家と火災保険

空き家でも火災保険に加入できる 保険料負担は増す 地震保険はかけられない 空き家でも火災保険に加入できる 日経電子版のこちらの記事に相続空き家の火災保険に関することが紹介されていました。損害保険会社の対応にもよりますが家財が残っていて住居とし…

「世界の空き家対策」刊行記念トークイベントに行ってきた

注目のお二方のトーク 「世界の空き家対策」から学ぶ まちづくり(都市計画)の考え方の違い 2つの放置 注目のお二方のトーク 2018年11月11日(木)、紀伊国屋書店新宿本店9階イベントスペースで開催された『世界の空き家対策〜公民連携による不動産活用とエ…

1933年築の古民家が改装されカフェ&レンタルスペースに【古民家カフェ蓮月】

空き家になった元蕎麦屋の古民家を 再活用してくれる人を募る説明会の実施がきっかけとなり 修繕や掃除を進める 地域住民が気軽に立ち寄れる場所 歴史を継承しつつ現代のニーズに合わせ地域に愛されるお店となる 空き家になった元蕎麦屋の古民家を 東京都大…

大規模水害の避難場所として空き家を活用できないか

江東5区に大規模水害リスク 2週間以上水が引かない 避難場所は各自で探してください 避難場所を確保する取組 空き家を避難場所として活用できないか 江東5区に大規模水害リスク 東京都内東部の江戸川、墨田、江東、足立、葛飾の5区内は海面より低いゼロメー…

空き家をみなし仮設住宅として活用する

札幌市でみなし仮設住宅の受付始まる 厚真町などでは民間賃貸住宅が少ない そもそも仮設住宅とは? 空き家をみなし仮設住宅として活用する 費用:応急建設住宅の供給よりも安い 時間:応急建設住宅の供給よりも早い まとめ 札幌市でみなし仮設住宅の受付始ま…

空き家に関する新規項目が加わった平成30年住宅・土地統計調査がスタート

5年に1度の住宅・土地統計調査がスタート 空き家に関する新規項目とは 調査結果の公表は来年夏頃? 5年に1度の住宅・土地統計調査がスタート 前回調査結果では全国の空き家数が約820万戸、空き家率13.5%となり大きなニュースとなりました。今回は空き家数、…

空き家管理、建築設計、都市計画の三方向から郊外の空き家を考える

三者三様のゲスト 空き家活用したい空き家所有者は少ない 賃貸や借り上げ、住宅以外の用途で活用する 私的空間と公的空間との中間領域 住宅を閉じすぎない 過疎にならないように都市を縮小させる 固定資産税+都市計画税 まとめ 三者三様のゲスト 2018年9月10…

2002年以来の更新!人口減少を見据えて東京の土地利用は量から質へ転換

東京の土地利用に関する基本方針が2002年以来の更新 中核広域拠点域に限る 中央区、江東区のタワマン規制も影響か 東京の土地利用に関する基本方針が2002年以来の更新 東京の土地利用に関する基本方針について検討している東京都都市計画審議会土地利用調査…

立地適正化計画の矛盾

今年6月18日に起きた大阪府北部地震、6月下旬から7月上旬に起きた平成30年7月豪雨、9月4日に日本に上陸した平成30年台風21号、9月6日に発生した平成30年北海道胆振東部地震、立て続けに甚大な被害をもたらした自然災害が発生しています。地震、豪雨、暴風、…

エアコンや水道管、トイレなどのトラブルに対して気軽に安価に修繕依頼する

「スペースマーケット修繕サービス」 がスタート 工事マッチングアプリ「クラフトバンク」と提携 クラフトバンクを単体で使ってみてもいい 家修繕ドットコムも ホームインスペクション (住宅診断・建物状況調査)も 「スペースマーケット修繕サービス」 が…

民泊を育てていくために必要な2つのこと

民泊新法は骨抜き? 民泊の経済的側面よりも社会的規制をめぐる問題へシフト 自治体の上乗せ規制はあくまでも社会的規制にとどめる 民泊を育てる 民泊新法は骨抜き? 今年6月15日に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され、7月29日時点で民泊届出件数は6,603…

無秩序な新築住宅の供給にNOを!

経産省に続き国交省でも若手職員プロジェクト コンパクトシティに対する捉え方のズレ 立地の観点を踏まえた住宅・土地税制等のメリハリ化 経産省に続き国交省でも若手職員プロジェクト 2017年5月に公開され、かなり話題になった経産省の次官・若手プロジェク…

空き家活用ベンチャー「空き家活用株式会社」の今後に注目

ベンチャーキャピタルが空き家ベンチャー企業に投資 空き家所有者情報は大きな鍵になる 「全ての価値は問題解決から生まれる」 ベンチャーキャピタルが空き家ベンチャー企業に投資 以前から気になっていた空き家所有者データベース構築に取り組んでいる「空…

空き家がテレワークセンターに!多様で柔軟な働き方は空き家から生まれる(2/2)

今回は空き家がテレワークセンターに生まれ変わっている実例をご紹介します。テレワークセンターとは何か?といったことは前回記事をご覧ください。 子育てサロン タカサキチ テレワークセンターMINAKAMI Trist さとやまオフィス鯖江 鯖江サテライトオフィス…

空き家がテレワークセンターに!多様で柔軟な働き方は空き家から生まれる(1/2)

真に人に優しい不動産とは? 多様で柔軟な働き方 空き家をテレワークセンターに 真に人に優しい不動産とは? オフィスや住宅、ホテル、商業施設、公共施設など不動産は、生活や活動、労働、学習、趣味、交流などの場として多様な機能や役割を担っています。…

東京都が空き家の有効活用に力を入れ出している件

東京都の重点政策方針2018に「空き家の有効活用」が盛り込まれていた 空き家の有効活用に関する施策が増えていた 東京都 空き家情報サイト 東京都の空き家ワンストップ相談窓口 起業家による空き家活用モデル事業 空き家対策における都道府県の役割 東京都の…

空き家を活用して子ども食堂に!

毎朝ほぼほぼ見ているMXテレビの情報番組モーニングクロスで、東京都板橋区高島平から程近い6畳二間のマンションの一室で毎日朝7時から夜8時まで開かれている子ども食堂が特集されていました(放送日:2018年7月4日)。番組で紹介されていたようにマンション…

イケてる空き家活用事例はこれだ!平成30年版首都圏白書から5つ選びました

平成30年版首都圏白書が2018年6月8日に公開されました。「首都圏における『都市のスポンジ化』への対応と、都市の魅力・活力の向上」というテーマで、イケてる空き家活用事例がたくさん紹介されています。 (出典:http://www.mlit.go.jp/common/001237803.p…

「親の家問題」の一番の悩みは片付け

今回は、女性マーケティングの情報サイト「くらしHOW研究所」による全国の「親の家に関する悩みがある・あった」女性715人を対象に実施された「親の家についてのアンケート調査」を取り上げます。 どの年代も抱えている「親の家問題」 一番の悩みは片付け 片…

敷地内にある建築物の安全管理の再確認がますます必要な件

管理が行き届いていないブロック塀という凶器 守られていなかった建築基準法 敷地内にある建築物の安全管理の再確認が必要 管理が行き届いていないブロック塀という凶器 大阪府北部で6月18日に発生した地震(最大震度6弱)により高槻市内の小学校のブロック…

イタリア発祥の「アルベルゴ・ディフーゾ」(分散型ホテル)の魅力

散らばっている空き家を活用し地域一帯をホテルとする 日本にも存在するアルベルゴ・ディフーゾ 街の歴史や文化を体験する 散らばっている空き家を活用し地域一帯をホテルとする 地域に散らばっている空き家を活用し、建物単体ではなく地域一帯をホテルとす…

新築中心の不動産市場は否応無く崩壊する

2018年6月13日、野村総研によりニュースリリースが公表されました。結論から言うと、もはや新築中心の不動産市場は否応無く崩壊し、空き家の増加が都市生活に具体的な悪影響を及ぼし出します。今回のレポートでは大工の人数の予測をしている点が目新しいです…

住宅宿泊事業法(民泊新法)が本日施行!課題も多いけれど民泊ビジネス拡大中

住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行 届け出件数は低調 空き家を民泊施設にリノベーション 民泊ビジネス拡大へ 住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行 2018年6月15日、住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法が施行されます。自治体に届け出れば原則誰でも、住宅や空き…