空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

空き家再生・活用事例

家主の遺志を受け継いだ空き家を再生!「岡さんのいえ TOMO」の今とこれから

4月26日(水)、この日は京王線・上北沢より徒歩5分の場所にある「岡さんのいえ TOMO」へ行ってきました。この場所は空き家活用と言おうがなんと言おうがどっちでもいいのですが、戦後まもなくに建てられた築70年の住宅が、当時の家主の意志を受け継いで素敵…

空き家がクリエイターのシェアオフィスに!@カマタの取り組みに注目

今回は「@カマタ」という、空き家や空き地といった都市の余白を活用し、ものづくりクリエイターの制作拠点を生み出していこうという面白そうなプロジェクトについて書きます。 ものづくりの街・蒲田のDNA 木密(木造密集)地域の空き家と空き地が事務所に 空…

元服屋の空き家がまちづくり企業の事務所兼ギャラリーに!アップサイクルな展示を見てきた

まちづクリエイティブの事務所兼ギャラリーは元服屋の空き家 「何が価値を決定するのか、について何を知っているのか」展示 150着の古着をまちの人たちで仕分け 古着に価値を持たせるまちの人/アーティストの力 古着のアップサイクルのプロセスは空き家のリ…

古民家を活用してまちの価値を高める!滋賀県大津市のエリアリノベーション企画事務所「まち波」に注目

古民家のポテンシャル 滋賀県大津市のエリアリノベーション まち(エリア)の価値を高めるとは? 古民家のポテンシャル 古民家カフェや古民家レストラン、古民家サテライトオフィスなどなど、古民家ってコアなファンが多くて、確かに趣があって素敵です。そ…

駅前の木造戸建て空き家がおしゃれなカフェに!「FINE TIME COFFEE ROASTERS」がいい感じ

築52年の木造戸建て空き家がリノベーション おしゃれな自宅兼カフェに 元々は医師だった方の自宅だった リビタの「リノサポ」を活用 空き家が生まれ変われば街も生まれ変わる 築52年の木造戸建て空き家がリノベーション 以前こちらの記事で書いて以来ずっと…

町家と建具工場が複合する空き家が「小商い3店舗+地域の寄合処」に!中宇治yorinが全店オープン

1階はタルトと焼き菓子、フレンチビストロのお店、2階はプライベートサロンとレンタルスペース・ギャラリー HOME'Sが特集企画を出して応援していた「中宇治yorinリノベーションプロジェクト」ですが、2016年11月12日に完成お披露目会が開かれました。京都駅…

レトロやノスタルジックな建物の雰囲気を面白がる人との出会いが空き家再生・活用を進める

久しぶりに松戸へ 昨日はMAD Cityのミーティングのため、一ヶ月半振りに松戸へ行ってきました。午前中のミーティングはそれぞれの近況報告や、新しく始まるまちづくり&カルチャーウェブメディアの進捗状況の確認、9/11に行ったまちづくりイベントの総括など…

賃貸でもDIY改装可能・現状回復不要な物件が増えています

賃貸でもDIY改装可能 こちらの日経の記事「賃貸住宅、DIYで改装 原状回復不要な物件続々 |くらし&ハウス|NIKKEI STYLE」では、自分好みに壁紙を貼り替えたり、床を畳からフローリングに変えたりできる賃貸物件が登場していることを紹介しています。 (…

空き家・空きビル再生活用プロジェクト「セントラル・イースト・トーキョー:CET」エリアを歩いてみた

繊維問屋の倉庫兼事務所として使われていたビルがホステルに 昨日紹介したカリアゲJAPANのメディアに掲載されていた、こちらの空き家再生活用のホステル「IRORI NIHONBASHI HOSTEL and KITCHEN」。東京の馬喰横山にある繊維問屋の倉庫兼事務所として使われて…

尾道市立土堂小学校の5年生が総合の授業で「尾道の空き家問題について」をまとめている件

総合の授業で空き家問題をテーマに 前回は高知県土佐町中学校の総合の授業で、空き家活用をテーマに取り組んでいることをご紹介しました。今回は小学校です。尾道市立土堂小学校では、5年生37名が総合の授業で「尾道の空き家問題について」をまとめています…

中学生が空き家を活用して移住者を呼び込む!高知県土佐町の「教育でまちを変える」取り組みに注目

空き家活用を総合の授業に 空き家活用って教育的な効果もあります。高知県土佐町中学校では「地域貢献学習」ということで、クラス皆で空き家を調査し、リフォーム、そして空き家を活用して移住者を呼び込むにはどうしたらいいか考える、という授業が行われま…

空き家の活用で有効なのはサブリースだ!空き家を借り上げてサブリースする事業者まとめ3選

空き家所有者の負担はゼロ 先月の日経のこちらの記事によると、NPO法人空家・空地管理センターが空き家を借り上げ、サブリースすることで空き家の有効活用を進める事業をスタートさせたことが紹介されていました。空き家所有者の立場からすると、実質負担は…

空き家をまちのシェアキッチンに!芝浦工業大学の「空き家改修プロジェクト」に注目

空き家をシェアキッチンに 学生による空き家改修プロジェクトって、結構全国的にやっています。 akiya123.hatenablog.com akiya123.hatenablog.com 東京都江東区にある芝浦工業大学もその一つ。芝浦工業大学の学生プロジェクト「空き家改修プロジェクト」は…

尾道の大型空き家「みはらし亭」再生プロジェクトが終了!クラウドファンディングのリターンも届きました

尾道の築100年の絶景空き家がゲストハウス「みはらし亭」に再生! 2007年に発足してから地道に活動を続けているNPO法人尾道空き家再生プロジェクトが、築100年の大正期に建てられた国の登録有形文化財でもある、「みはらし亭」の改修を終了し、ゲストハウス…

空き家をカフェ併用住宅、カフェ、旅館に!全国の空き家活用事例の紹介まとめ3選(2016年4月17日時点)

築52年の空き家をカフェ併用住宅に 東京都世田谷区の小田急線経堂駅前で、築52年の木造2階建ての空き家が、カフェ併用住宅にリノベーションされました。中古マンションのリノベーションを主に手がける不動産会社である株式会社リビタが、オーナーからの相談…

空き家を学生向けシェアハウス、イベントハウス、温泉付きホテルに!全国の空き家活用事例の紹介まとめ3選(2016年4月16日時点)

空き家を学生向けシェアハウスに 島根県浜田市にある空き家が、県立大浜田キャンパスの学生向けシェアハウスとして再生されました。入居する学生たちは地域行事に参加したり、子供たちの勉強をみてあげたりと、地域との交流も行います。学生にとっては安い家…

空き家活用現場の最前線!MAD Cityに最近寄稿した記事2本の紹介(2016/04/13)

螺旋階段は日常に潜むアートだ! 千葉県松戸駅前の半径500mの範囲で、改装可能・現状回復不要といった変わった賃貸物件による不動産事業を軸としたまちづくりに取り組んでいるMAD Cityプロジェクトに、プロボノとして関わるようになって、もう10ヶ月になりま…

千葉県松戸駅前のまちづくりプロジェクト・MAD Cityが目指す「クリエイティブな自治区」とは?

まちづくりプロジェクトを進める街を選ぶための3つのポイント News Picksに取り上げられている千葉県松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の特集記事第3弾にして最終回から。MAD Cityプロジェクトを立ち上げた寺井元一さんは松戸出身でもなければ、…

元カップルホテルがアーティストやクリエイターのスタジオやアーティスト・イン・レジデンスに!

駅前で好立地すぎるから潰れる?! News Pickに取り上げられている千葉県松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の特集記事第2弾から。松戸駅西口徒歩2分、しかも大通りに面したところにある元カップルホテル(大人の事情からカップルホテルと呼んで…

空き家問題に民間企業の立場から取り組むMAD CityがNews Picksで特集されている件

News Picksで全3回の特集 現在、ニュースキュレーションメディアのNews Picksで、千葉県松戸駅を含む半径500m圏内のエリアを核に行われている、民間企業によるまちづくりプロジェクト「MAD Cityプロジェクト」が全3回の特集記事としてまとめられています(第…

空き家にアーティストやクリエイターを呼び込む!クリエイティブシティ・MAD Cityの挑戦

プロジェクト開始以来、5年を経て200人近いクリエイティブ層を誘致 千葉県松戸駅前で行われているまちづくりプロジェクトである「MAD City」では地域のストックである空き家を改装可能・現状回復不要な物件として賃貸・売買することでアーティストやクリエイ…

空き店舗を発達障害児が放課後を過ごす居場所に!「凸凹kidsすぺいす」

放課後等デイサービス 一般財団法人世田谷トラストまちづくりで実施している出張相談会(空き家活用モデル事例見学会&個別相談会)の2回目が世田谷区の烏山地域で行われました。 平成26年度世田谷らしい空き家等の地域貢献活用モデル採用団体の一つである「…

空き家で食とアートをテーマとしたイベントを開催!「FARMART」に行ってきた

テーマは「食とアート」 八王子経済新聞のこちらの記事。八王子駅北口の徒歩10分くらいの場所にある旧川口邸という一軒の空き家が舞台になった、食とアートをテーマとした「FARMART」というイベントに行ってきました。 旬の地元野菜などの食材や調理品、それ…

空き店舗を秘密基地に!「かんおんじまちラボ」プロジェクトがスタート

秘密基地をつくろう 香川県観音寺市のまちづくりグループ「Re:born.K(香川県観音寺市まちなか活性プロジェクト)」では空き店舗をリノベーションして秘密基地をつくろう、というプロジェクトを進めています。つい先日(5/30)、地元の高校生や商店主などが…

空き家をインフォメーション、ライブラリー、アーティスト・クリエーターのレジデンススペースに!黄金町バザール2015で空間デザインの提案を募集中(7/10まで)

元違法風俗店舗を中心に空間デザインの提案を募集 NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターでは今年の10/1〜11/3の間に開かれるアートイベント「黄金町バザール2015」の一環として、元違法風俗店舗を中心に、その得意な建物を生かした空間デザインの提案を…

空き店舗をゲストハウスに!熱海で始まる空き店舗のリノベーション

リノベーションスクール発 全国に展開し出しているリノベーションスクール。温泉街の熱海でも行われています。2013年11月に開催された「リノベーションスクール@熱海」で提案された空き店舗のゲストハウス化計画が実現に向けて着々と進んでいます。 遊休不動…

尾道の大型空き家「みはらし亭」の再生プロジェクトに注目

坂のゲストハウス 最も有名な空き家再生プロジェクトの一つであるNPO法人尾道空き家再生プロジェクトが手がけている「みはらし亭」という木造2階建ての元旅館。大正10年に別荘として建てられ、昭和30年代に現在の所有者の先代が購入、40年代に「みはらし亭」…

空き家問題をテーマにした展示イベント「叫び展」に行ってきた!

再建築不可の空き家をリノベーション 今日は東京都大田区は蒲田で空き家問題をテーマにした展示イベント「叫び展」を見に行ってきました。建築基準法で定められた道路に敷地が2m以上面していなければ、家を建てることはできません。そんな再建築不可な土地に…

”DIY”を流行ではなく文化として根付かせる!(DIYリノベーションスクール)

空き家オーナーとの協力のもと受講生たちユニットマスターとが合宿的なノリで空き家リノベーションの事業計画をつくり、提案し、実事業化へつなげていく”リノベーションスクール”は目下、勢いのある取組になっています。 一方で大阪府堺市の泉北ニュータウン…

空き家を子育てサロンにリノベーション(ママプロぐんま)

群馬県高崎市で広がる空き家活用 新卒でプロブロガーを目指すブログ!の小林さんから教えてもらった空き家活用事例について書きます。群馬県高崎市の広報誌(2014年12月1日号)で空き家対策特集が組まれています。 広報高崎平成26年12月1日号 | 高崎市

空き家となった元社員寮をソーシャルアパートメントと認可保育園にリノベーション(東急電鉄)

元社員寮がソーシャルアパートメントと認可保育園に 東急電鉄が手掛ける資産活用コンサルティング事業の一つである「まるサポ」により田園都市線宮前平駅徒歩7分のところにある空き室化した元社員寮(川崎市宮前区、1988年築)がリノベーションされました。…

鉄道会社が進める”住み替え”の促進(京王電鉄)

広い持ち家を持て余す高齢世帯と広さや間取りに対する居住ニーズが高い子育て世帯 まずは国土交通省の審議会の会議資料から。「住宅の広さや間取り」に対する不満は高齢世帯に比べ子育て世帯が大きく、一方で高齢者が住宅で困っていることのうち「住宅が広す…

人口減少時代では建物の新設に頼らない空き家を活用した保育園が合理的(風の子保育園)

子供の数は33年連続の減少 平成26年4月1日時点における全国の子供(15歳未満)の数は前年に比べ16万人減少し1633万人です。これは昭和57年から33年連続の減少で、過去最低です。 統計局ホームページ/統計トピックスNo.82/全国 そう、子供の数は言わずもがな…

都電テーブルの定食が美味しそう

一人暮らしの人にとっては”おいしい定食屋”の存在というのは、ことのほか大きいものだと思います。かくいうぼくがそうです。そんなおいしい定食屋を探し求めている人にとって、東京都豊島区の都電荒川線向原駅徒歩5分のところに今年4月にオープンした「都電…

”物件そのものの価値”を見極める!東京R不動産に学ぶ空き家リノベーションの真髄

物件の価値は「駅近」「南向き」だけじゃない 昨日のカンブリア宮殿は満を持して東京R不動産が紹介されていました。 「物件そのものの価値」を見出す東京R不動産。カンブリア宮殿見てる。 pic.twitter.com/ysdXal1nib — 舟橋拓(Taku Funabashi) (@cbwinwin…

世田谷区空き家活用フォーラムで感じた疑問

今年3月に開かれた世田谷区の空き家活用フォーラムのイベントレポート第3弾です。関連する過去記事はこちら。 「異世代ホームシェア」はまちづくりNPOの活動から始まった(NPO法人街ing) 江戸時代の古民家を改装してデイサービス、学童保育、スペース貸しを…

「異世代ホームシェア」はまちづくりNPOの活動から始まった(NPO法人街ing)

今年3月に開かれた世田谷区の空き家活用フォーラムのイベントレポート第2弾です。第1弾はこちら。一人暮らしの高齢者と大学生をつなぐホームシェアの試みであるNPO法人街ing本郷が取り組む「ひとつ屋根の下プロジェクト」についてまとめます。

江戸時代の古民家を改装してデイサービス、学童保育、スペース貸しを運営(和のいえ櫻井)

今年も世田谷区の空き家活用フォーラムに行ってきました。昨年の様子はこちら。 平成26年度世田谷らしい空き家等の地域貢献活用モデルの採用団体2団体と、世田谷区外から2団体の事例発表がありました。今回は世田谷区外の2団体のうち、西東京市内にある築150…

小規模保育白書が刊行!空き家を活用して待機児童問題を解決する

子供・子育て支援新制度がスタート NPOフローレンスの空き家や空き室を活用したミニ保育園である「おうち保育園」をモデルとして厚生労働省が制度化した「小規模保育」が4月から本格的にスタートしています。 小規模保育施設は新たに始まった3歳未満を対象…

【メモ】”新築至上主義”という幻想を覆すMAD Cityの取組が日経朝刊1面に掲載されている件

松戸駅前を中心に「改装可能・原状回復不要」という賃貸物件ばかりを扱った空き家を活用したまちづくりに取り組むMAD Cityの取組が3/31の日本経済新聞朝刊の1面に掲載されています。電子版でも読めます。 【掲載情報】3月31日(火) 日本経済新聞 朝刊1面『人…

”団地をいかに楽しむか”ということによって郊外の未来が見えてくる(京都堀川団地リノベーションプロジェクト)

京都駅から車で10分の場所にある築64年の堀川団地のリノベーションプロジェクトが動画で公開されています。 14 09 14 CX H2001 空き家問題 京都 築64年団地... 投稿者 marron-news-edit 全国初の店舗付き集合住宅 堀川団地は昭和25年〜28年(1950年〜1953…

全国で空き家改修プロジェクトが動き出している件

全国で空き家再生プロジェクトが着々と進んでいます。具体的に空き家改修作業が行われています。 本町エスコーラ(京都市) まずは京都市「空き家活用×まちづくり」モデルプロジェクトにも採択されている「本町エスコーラ」です。路地奥の5軒長屋を改修し、…

【メモ】愛知県豊橋で「まちなか空き店舗・空き家見学ツアー」がきっかけになってお店がオープンしている件

実際に街を歩き、空き家や空き店舗を見て感じながらどんな風に使えば魅力的になるかな〜とイマジネーションを膨らませることは大事だなと思います。 「空き家ツアー」や「空き家見学」でググって調べている中で、愛知県豊橋でまちづくりに取り組まれている長…

西荻窪にある二大古民家カフェに行ってきた

今日は東京都杉並区西荻窪にある古民家カフェをはしごしました。 昭和初期に建てられた古民家をリノベーション「Re:gendo(りげんどう)」 JR西荻窪駅南口を出てアーケードを抜けもう少し歩き、路地に入ったところに「Re:gendo(りげんどう」はあります。 ち…

【メモ】岐阜県郡上八幡の空き家に面白いお店がぞくぞく現れている件

郡上八幡でも空き家が増加 以前、岐阜県郡上八幡の空き家をゲストハウスに改装した「郡上八幡ゲストハウスまちやど」が改装費用をクラウドファンディングで集めた件について書きました。 郡上八幡は城下町として古くから栄えました。清流吉田川などの豊かな…

信州移住カフェ「空き家のリノベーションと住まいの話」@銀座NAGANOに参加!

銀座NAGANO 今日は昨年10月にオープンした長野県のアンテナショップ「銀材NAGANO」へ行ってきました。というのも『信州移住カフェ「空き家のリノベーションと住まいの話」』というイベントがあるということで空き家リノベーションの最前線を知るために参加…

蓄積された歴史を価値として再発信するリノベーションが空き家問題の解消につながる(「AERA」2015年2/9号から)「キアズマ珈琲」

「AERA」2015年2/9号には「空き家リノベーション特集」が掲載されています。(P33〜P36)前回書いた80年の戸建てをギャラリー&ブックカフェにリノベーションした「Gallery&Book cafe松庵文庫」の記事はこちらをご覧ください。 今回は東京都豊島区雑司が谷…

蓄積された歴史を価値として再発信するリノベーションが空き家問題の解消につながる(「AERA」2015年2/9号から)「Gallery&Book cafe松庵文庫」

アエラを初めて買いました。なぜなら「空き家リノベーション特集」が掲載されているからです。 ページ数にするとたった4ページなんですが、築80年の戸建てや長屋、築40年の倉庫などを古さを残しつつ、その価値を再発信するためにリノベーションしている…

豊島区居住支援協議会主催「空き家・空き室活用説明会」に参加!part2

約3万戸の空き家 豊島区居住支援協議会が主催した「空き家・空き室活用説明会」に参加してきました。今回は空き家・空き室を活用した居住支援モデル事業の事例4つをまとめます。part1はこちら。 総務省統計局が5年ごとに行っている「住宅・土地統計調査」…

豊島区居住支援協議会主催「空き家・空き室活用説明会」に参加!part1

「居住支援協議会」とは? 先日、豊島区居住支援協議会が主催する「空き家・空き室活用説明会」に参加してきました。空き家・空き室のオーナー向けのイベントでした。会場はオーナーさんと思われる方々が10〜20人位いらっしゃった気がします。