空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

豊島区で都内初「リノベーションスクール」を年内に開催予定

空き家リノベーションで若い世代を呼び込むまちづくり

 

今年5月に発表された「日本創生会議」の発表で都内で唯一「消滅可能性都市」と名前が挙げられた豊島区。対策として区内に2万戸以上ある空き家の改修を支援し、若い世代を呼び込むまちづくりを進める方針を明らかにしました。先日の「としま100人女子会」といい豊島区、矢継ぎ早に取組を開始しています。

 

f:id:cbwinwin123:20140802213523p:plain

画像引用元)都内初のリノベーションスクール開催を目指す。

 

豊島区の空き家率は12.9%で空き家数は2万1680戸(2008年総務省住宅・土地統計調査)。その内、賃貸用が1万6680戸、個人住宅が3730戸です。やはり都内の特に23区内は共同住宅の割合が高いです。

 

空き家リノベーションは、既存の建物(つまり空き家)を改修し魅力あるものに高めることができ、借手からすると間取りや内装デザインなど自分好みにできるといった家主にとっても借主にってもメリットがあります。

 

f:id:cbwinwin123:20140802215322p:plain

画像引用元)豊島区は「リノベーションまちづくり」に取り組む。

 

リノベーションスクールとは?

 

リノベーションスクールは福岡県北九州市で始まりました。2011年8月から半年に1度のペースで北九州市で開催されて今年で7回目だそうです。

 

リノベーションスクールは、福岡県北九州市から始まり今年で7回目。リノベーションを通じた都市再生手法を学び、体験するスクール。実際の遊休不動産を対象に、全国から集まった10人程度からなる「ユニット」を構成し、リノベーションの事業プランを数日間かけて構築、最終日に遊休不動産のオーナーに提案し実際の事業化を目指す。

東京都初のリノベーションスクール開催へ 消滅可能性都市回避へ /東京 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース

 

人口減少、高齢化、空き家の増加など地域の課題はますます深刻になっていきます。有志でチームを組んで数日間かけて空き家活用事業プランを練り上げて、最終的には空き家オーナーへ事業提案し、スクール後には提案を基に実業化を目指します。これは面白そうです。

スクールとは | リノベーションスクール@北九州

 

リノベーションスクールは現在、北九州市熱海市和歌山市田辺市で開かれていて、提案を元に事業化されたプロジェクトは10件程度ということです。

リノベーションスクール@北九州

リノベーションスクール@熱海 | 熱海でのリノベーションスクールのご案内

リノベーションスクール | リノベーションわかやま

リノベーションスクール@田辺 | Facebook

 

年内に都内初「リノベーションスクール」を開催

 

北九州で今年8月に行われるリノベーションスクールには豊島区職員も参加するそうです。ノウハウを九州して豊島区のリノベーションスクール開催へつなげる考えです。

イベント概要 | リノベーションスクール@北九州

 

f:id:cbwinwin123:20140802221141p:plain

画像引用元基礎自治体は住民に身近だからこそ動きが早い。危機感もある。

 

リノベーションスクールでリノベーションのスキルやノウハウを学んで各地域にも取組が広がっていけば空き家問題の解決にむつながるはずです。豊島区のリノベーションスクールの具体化を待っています。

 


脱“消滅可能性都市”目指し 豊島区、空き家改修で若者を! - YouTube

 

関連記事はこちら。

豊島区、空き家活用へ民間から提案 :日本経済新聞

消滅可能性都市・豊島区で「100人女子会」が開催〜地域の未来は地域の人たちでつくる〜 - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

”空き家で少子化対策”賃貸空き家に子育てファミリー世帯を呼び込む - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

旧東ドイツの都市ライプツィヒの空き家仲介NPO「ハウスハルテン」と空き家再生プロジェクト「日本の家」に学ぶ(空き家活用海外事例紹介)前編 - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

旧東ドイツの都市ライプツィヒの空き家仲介NPO「ハウスハルテン」と空き家再生プロジェクト「日本の家」に学ぶ(空き家活用海外事例紹介)後編 - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ