読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

新潮社の倉庫をリノベーションしたキュレーションストア「la kagu(ラカグ)」へ行ってきた

コラム-空き倉庫再生・活用事例 la kagu コラム

昭和40年代に建てられた倉庫をリノベーションして「衣食住」と「知」の要素を融合させたキュレーションストアに

 

昨年10月に東京は神楽坂にオープンした「la kagu(ラカグ)」。昭和40年代に建てられた新潮社の”本の倉庫”をリノベーションしてファッションや生活雑貨、家具、カフェなど「衣食住」の要素と、ブックスペースやレクチャースペースなど「知」の要素を融合させたキュレーションストアに生まれ変わりました。

 

ファッションからライフスタイル、飲食と幅広い業態を展開するサザビーリーグが新潮社とのパートナーシップのもと、新たにファッションや生活雑貨、家具、カフェなど「衣・食・住」の要素と、本(ブックスペース)やレクチャースペースなど「知」の要素を融合させたキュレーションストア「la kagu(ラカグ)」を、神楽坂駅前にオープンした。

神楽坂に誕生した大人のためのキュレーションストア、「la kagu(ラカグ)」 (1/3)|ニュース|Excite ism(エキサイトイズム)

 

f:id:cbwinwin123:20150301152726j:plain

東西線神楽坂駅を出て徒歩1分。

 

f:id:cbwinwin123:20150301161539j:plain

ブックスペースの前に人だかり。

 

f:id:cbwinwin123:20150301162055j:plain

「10人の選ぶ、10冊の本」ということで10人の作家が厳選してキュレーションした10冊が書庫に並んでいます。

 

f:id:cbwinwin123:20150301163534j:plain

「おとことおんな」。

 

f:id:cbwinwin123:20150301163630j:plain

「知らない街を歩いてみたい」「TOKYO」。

 

f:id:cbwinwin123:20150301163847j:plain

ファッション系のアイテムも充実。

 

f:id:cbwinwin123:20150301164001j:plain

家具も販売しています。

 

f:id:cbwinwin123:20150301164052j:plain

f:id:cbwinwin123:20150301164311j:plain

イベントスペースも広々。結構な頻度でイベントが行われています

 

f:id:cbwinwin123:20150301164543j:plain

f:id:cbwinwin123:20150301164634j:plain

1階に降りてみます。

 

f:id:cbwinwin123:20150301165153j:plain

生活雑貨が売っています。

  

f:id:cbwinwin123:20150301165710j:plain

1階は女性向けの洋服や雑貨などが多かったです。

 

f:id:cbwinwin123:20150301170100j:plain

 そしてカフェ。だいぶ賑わっていました。

 


la kagu (ラ カグ) - 神楽坂/カフェ [食べログ]

 

新潮社が大家、サザビーリーグが商業施設の運用管理

 

「la kagu」が生まれた経緯について新潮社の佐藤隆信社長のインタビュー記事によると、25年前からほとんど使われていなかった倉庫の活用について検討していく中でサザビーリーグとの出会いがきっかけになったそうです。

 

本社隣の倉庫は、少なくとも25年前からほとんど使っていませんでした。出版業界が伸び悩み、当社も売り上げが苦戦している中で「ここを何かに使わないのか?」という声が社内外からあり、色々と検討していました。そんな中、当社の役員がサザビーリーグの鈴木会長と知り合い、「こんなスペースがある」と話したところ、すぐ見に来てくださいました。神楽坂という立地と、倉庫という意外性に魅力を感じていただき「これはいいですね!」となり話が決まりました。それがだいたい2年くらい前でしょうか。商業施設の運用管理については専門であるサザビーリーグさんにお任せして、私どもは基本的には「大家」というスタンスです。

AdverTimes(アドタイ)| 広告界のニュース&情報ポータル | AdverTimes(アドタイ)

 

神楽坂の土地と文化+衣食住+知

 

神楽坂の街の一角を初めて歩いたんですが、路地が多い中に小ぶりでなお店が新旧入り混ざっている感じでした。江戸時代の街並みを今に残す街というのは貴重です。そこにサザビーリーグが「衣食住」を、新潮社が「知」を吹き込んで新しい「まちのコンテンツ」が生まれた感じがします。

 

「神楽坂は古き良き江戸の持つすばらしさと、一方で外国人が好むようなコスモポリタンな一面がある希有(けう)な場所。この歴史ある地でエネルギーをぶつけて新しい文化と空間を作るのは面白いじゃないか、と。自分たちの得意としているファッション性の高い衣食住まわりのリソースに新潮社の“知”を加え、地域の皆様に愛されるような新しい試みをしていきたい」(サザビーリーグ・鈴木陸三会長)

サザビーリーグと新潮社が仕掛けた進化系雑貨店 :日本経済新聞

 

「la kagu」について参考になるブログはこちら。


新潮社書庫をリノベーションした神楽坂「la kagu(ラカグ)」が想像以上に楽しかった - ウォーキングと美味しいもの

 


la kagu