空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

【メモ】京都市公式!空き家対策動画がわかりやすい

京都市公式の空き家対策動画が公開されています。動画は28分くらい。京都市内には空き家が約11万戸(空き家率は14%)もあります。一方で京都はアメリカの旅行雑誌が発表している観光都市ランキングで1位になるなど、空き家を街の資源と捉えたまちづくりが始まっています。

 

【京都市公式】かまいたちの「ストップ、空き家!」 - YouTube 

 

空き家をギャラリー兼事務所にリノベーションした「HAPS」

 

京都の空き家リノベーションの先進事例である「HAPS」は、京都市内で活動するアーティストの居住・制作・発表の場づくりを支援しています。空き家をギャラリー兼事務所にリノベーションしました。

 

f:id:cbwinwin123:20150403214315p:plain

f:id:cbwinwin123:20150403214415p:plain

 

人口減少と空き家の増加

 

HAPSがある六原学区は京都市内でも早くから空き家活用に取り組んでいます。

 

HAPSのオフィスが位置する六原学区は、京都市内でも早くから空き家活用に取り組み、オフィスとなった空き物件も、地域の自治会から紹介していただきました。

京都の町家をインタラクティブな空間へ。HAPS vol.1|京都府 京都市東山区|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

 

六原学区に住んでいる約1800世帯のうち200軒の空き家。背景にあるのはやはり人口減少です。30年以上前の人口から7割位まで減っています。

 

f:id:cbwinwin123:20150403214558p:plain

f:id:cbwinwin123:20150403214743p:plain

 

持ち家の引き継ぎがスムーズになされていないから空き家になる

 

京都市では司法書士京都市職員が”空き家予防”のレクチャーを”押しかける”講座が行われています。兄弟姉妹に共同相続すると、管理責任の所在が曖昧になっていまい、結果的に空き家の管理が滞りがちになります。よって空き家を誰に相続するのかを決めておく事が大事です。

 

空き家が放置される要因の一つに挙げられる,相続が適切に行われず,所有者や管理者による合意形成が困難になるという問題を未然に予防するため,司法書士京都市職員による「おしかけ講座」を開始します

京都市:―司法書士と京都市職員が地域に出向き,空き家の予防につながる講座を開催しますー「おしかけ講座」の開催について【新規事業】

 

f:id:cbwinwin123:20150403215002p:plain

f:id:cbwinwin123:20150403215056p:plain

f:id:cbwinwin123:20150403215115p:plain

 

空き家相談員が京都市内各地に

 

空き家所有者や地域住民が気軽に空き家について相談できるように「空き家相談員」を京都市内各地に配置しています。配置といっても各地の不動産屋さんがボランティアで空き家についての無料で専門相談に乗るといった感じです。 京都市の研修を受けて空き家相談員になる、ということで地域に密着した不動産屋さんの力が大きいです。

 

f:id:cbwinwin123:20150403215429p:plain

 

宿泊型アートスペース「KYOTO ART kumagusuku」

 

今年の1月にオープンしたばかりのアート(展覧会)とホステルを合わせた「アートホステル」は元々空き家でした。京都市から回収費用に補助金が出ています。

 

f:id:cbwinwin123:20150403220143p:plain

KYOTO ART HOSTEL kumagusuku

 

f:id:cbwinwin123:20150403220221p:plain

 

京都市の空き家対策の今後

 

京都はさすが歴史と文化の街だけあって、京町屋しかり街全体が日本の資源なので、空き家の有効活用というのも多くの人の理解を得やすいという側面はあると思います。建築士や不動産屋、司法書士、自治会、そしてNPOなど、民間だ行政だと関係なくまちづくりとして空き家対策に取り組んでいる京都市の取組はこれからもどんどん加速していきそうです。

 

f:id:cbwinwin123:20150403214819p:plain

京都市:京都市地域連携型空き家流通促進事業