空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

空き家を活用して社会的課題を解決したり、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

築30年超の2階建てアパートの空き室が科学館「Exedra(エクセドラ)」に

アパートの空き室が科学館に 

今回も素敵な空き家活用事例を見つけました。JR柏駅徒歩5分の路地の一角にある築30年超の2階建てアパートの空き室が、1年5ヶ月かけてDIY改装され科学館「Exedra(エクセドラ)」として今年1月にオープンしています。柏市内では初めての科学館が誕生しました。

(空き家活用事例を紹介した過去記事はこちら。)

東京大学柏キャンパス柏市)の大学院生らでつくる市民団体「柏の葉サイエンスエデュケーションラボ」(KSEL)が、柏市末広町で空きアパートを改修し、科学館「エクセドラ」をオープンした。同市内では初の科学館という。

科学館:空き家を改修 実験室やカフェスペースも 東大院生ら手作り、柏にオープン /千葉 - 毎日新聞

f:id:cbwinwin123:20180325154625p:plain

(画像引用元:【オープン】手作り科学館 Exedra - 一般財団法人 柏市まちづくり公社

東京大学柏キャンパスの大学院生たちを中心とした「柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)」が主体

こちらの取組を手掛けられたのは、 ”科学コミュニケーション活動を通じた地域交流の活性化”をテーマに、東京大学柏キャンパスのある千葉県柏市柏の葉地区を中心に2010年6月から活動している科学コミュニケーション団体である「柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)」です。東京大学柏キャンパスは基盤化学系、生命科学系、環境学系の3つの分野を中心として新領域創成科学研究科宇宙線研究所、物性研究所などから成る、まさにサイエンスの第一線を走る研究機関です。KSELはこれまで小学生対象の「理科の修学旅行」や「街まるごと科学館」といった地域の子どもたちや街の人たちに向けて様々な取組を行ってきました。その活動の中で常設展示の場を考えるようになり空き家を探していました。

KSELは、合宿形式で自然と触れ合って理科に親しむ小学生対象の「理科の修学旅行」や出張授業、期間限定で柏の葉地区数カ所の施設にパネルや試料を展示する「街まるごと科学館」などの企画に取り組んできた。
常設展示の場を考えていたところ、空きアパートを紹介され、大家の厚意で無償利用できるようになったという。

東京新聞:空きアパート「科学館」に 柏駅近く 大学院生ら日曜大工で改修:千葉(TOKYO Web)

f:id:cbwinwin123:20180325165007p:plain

(画像引用元:東京新聞:空きアパート「科学館」に 柏駅近く 大学院生ら日曜大工で改修:千葉(TOKYO Web)

1階の2部屋をつなげて展示室に、1部屋を実験室に

上記の写真を見るとExedraの館内は広々としていてゆったり展示を見ることができそうです。板張りの床も落ち着いた色の塗装で雰囲気が良いです。壁や天井、水回りに至るまでアパートの改装作業は全て地道なDIYで行われました。DIY改装を了承してくれるアパートオーナーの理解も大きいです。改装費用の約300万円はクラウドファンディング助成金などで工面したそうです。

アパートは2階建てで、6畳、4畳半、台所の2Kの部屋が6室ある。そのうち1階の3室を改修。2部屋をつなげて展示室にし、1部屋をイベントなどで使う実験室にした。
16年8月末から改修を始めた。主に週末にメンバーが集まって作業。壁や畳、風呂、キッチンなどを撤去し、ホームセンターで床の板や壁紙などを買ってリフォームした。

千葉)柏の路地に手作り科学館 築30年超アパート改修:朝日新聞デジタル 

f:id:cbwinwin123:20180325163443p:plain

(画像引用元:【千葉・柏】空きアパートをDIY! 科学館『Exedra』で宇宙と科学に思いを馳せて | 開店ポータル

子どものためだけではなく大人向けでもある

科学館というと子どもがメインのように思いますが、KSEL会長の羽村太雅さんは「実は大人向けでもある」とおっしゃいます。もちろん子どもたちが科学や宇宙に親しめる場をつくることは素晴らしいですが、そのためにも周りの大人たちに興味を持ってもらうことが大事ということです。

「例えば子どもが科学のワークショップに参加したとして、その数時間は、『あー、楽しかった!』って思うかもしれないけど、その楽しい気持ちを持続させるのはなかなか難しい。興味が続くにはどうすればいいかを考えたんですが、それにはまず、親や先生、子どもに影響がある大人に、興味を持ってもらうことがよいのではないかと!

古アパートをDIYで科学館に!柏市の”手作り科学館”ってどんなところ?

空き家のポテンシャルを引き出す

柏駅前(駅から徒歩5分)という好立地、科学館やDIY改装に理解のあるアパートオーナーの理解、東京大学柏キャンパスの大学院生らによる市民団体の存在など、様々な条件がうまく噛み合うことで空き家のポテンシャルを引き出した好例です。

「科学をもっと身近に感じて欲しい」という館長の羽村太雅さんは「専門家だけでなく、周りのみんなと作り上げてきた科学館なので、ぜひここへ来て仲間になってください」と笑顔を見せた。 展示物は定期的に変わる予定。隠し扉など細かいこだわりもちりばめられた遊び心いっぱいの科学館。ぜひ一度訪れてみては?

空きアパートを改修した科学館 「Exedra」オープン! | 東葛まいにち

_____

手作り科学館 Exedra
〒277-0842 千葉県柏市末広町9−6 柏嶋屋荘
TEL 080-6520-3302
https://www.facebook.com/DIYmuseum.Exedra/