空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

空き家を活用することで新しい価値を生み出し、社会的課題解決へつなげる好循環をつくるために書いているブログです。

安価で自然な高齢者見守りサービス

 今後、高齢化がますます進行する中、特に単身高齢者が増加します。持ち家がある方はさておき問題になるのが賃貸で暮らさざるを得ない方です。賃貸物件の大家さんから見ると、孤独死のリスクや保証人の問題など様々なコストの負担がボトルネックになり、入居拒否感につながっています(参考記事)。では、そういった大家さんの不安を解消できるサービスや仕組みがあればいい。こちらの記事「月額600円、1日5円の料金設定も。不動産オーナーも守る「高齢者見守りサービス」進化中」で、安価かつ自然な高齢者見守りサービスを紹介されていましたので取り上げます。

進まないセーフティネット住宅の登録

 2017年10月に始まった空き家を活用した住宅セーフティネット制度について*1、なかなか登録数が増えていかないということが問題になっています国土交通省の目標では2020年度末までに年間5万戸相当で計17.5万戸の登録を掲げていますが、2018年12月16日現在で6,748戸と到底目標にまで届かない状況です*2。単純に制度が大家さんたちに知られていないのが一因ですが、大家さんが安心して貸し出せる環境を整えていくことが非常に重要です*3

R65不動産の「R65あんしん賃貸パック」

 65歳以上の高齢者向けの賃貸物件を扱うポータルサイトである「R65不動産」の「R65あんしん賃貸パック」は月額600円〜という安価なことに加え、初期工事費用がかからない、電気の使用量で高齢の入居者の見守りを可能とするサービスです。

「R65あんしん賃貸パック」とは、高齢者様のお一人暮らしを支える「見守り機器」、大家さんが安心して高齢者様に貸し出せる「賃貸住宅管理費用保険」を、物件毎に選べる様にパッケージ化したサービスです。

【大家様・管理会社様向け】高齢者のプライバシーを守りつつ見守りが出来る。R65あんしん賃貸パック(月額600円〜 )をリリースします。 - R65不動産 – 65歳からのお部屋さがしなら

電気の使用量を数ヶ月分記録し、そのデータを元に「いつもと違う」電気の使用量を検知することで、登録されたメールアドレスにメールを送信し異常を知らせるという仕組みです。利用者のプライバシーに配慮した自然な形の見守りサービスと言えます。

(出典:【大家様・管理会社様向け】高齢者のプライバシーを守りつつ見守りが出来る。R65あんしん賃貸パック(月額600円〜 )をリリースします。 - R65不動産 – 65歳からのお部屋さがしなら) 

 見守りサービスにありがちな「監視されている感」や「月額コストの高さ」などが無いのが良いです。

dubmilliの「ごえん」

 WEBサービスの開発を行うdubmilli「ごえん」も「監視されている感」が無い見守りサービスです。こちらは毎朝起きたら電話でその日の天気予報を聞くというものです。この電話が「起きた」という起床確認となり、電話がないときだけ家族や支援団体などに連絡がいくという仕組みです。

どうすれば監視と思われず、さりげなく見守ることができるでしょうか?
できれば費用も少なく、手間もかからない方法が良いですね。
「ごえん」の出した答えが、「電話で天気予報を聞く」でした。

見守りサービス「ごえん」

 費用は1日5円。電話をかけるという能動的な行動が必要になりますが、習慣になってしまえば、これは手軽で良い仕組みですね。

(出典:見守りサービス「ごえん」

*1:賃貸住宅や空き家のオーナーの協力を得て、高齢者や低額所得者などの住宅確保要配慮者の入居を拒まない「セーフティネット住宅」を登録してもらおうという制度

*2:セーフティネット住宅情報提供システム 2018年12月16日閲覧

*3:セーフティネット住宅は高齢者以外にも、子育て世帯、低額所得者、外国人、など入居対象者の範囲は広いです