マチノヨハク

空き家を利活用して新しい価値をつくる

MENU

こえ-小規模保育

空き家を活用して待機児童問題を改善する

2019年末、寒空の下、都内に13箇所ある空き家を活用した小規模認可保育所である「おうち保育園」を回ってきました。具体的には、周辺を歩き外観を写真で撮り、空き家活用の経緯などをネットで検索、編集し記事として「不動産のいろは」へ寄稿しました。 fudo…

街中に点在する空き家をミニ保育園として活用できないか

認可保育施設に申し込んだ人のうち、4人に1人が1次選考に落選 保育施設は増えているが、希望者の増加に追いついていない 保育需要の高い地域へピンポイントに保育施設を整備できないか 認可保育施設に申し込んだ人のうち、4人に1人が1次選考に落選 朝日新聞…

空き家も活用して待機児童問題を解決する

保育園に入れない おとといバズっていたこちらの匿名記事「保育園落ちた日本死ね!!! - はてな匿名ダイアリー」。少子化対策だの一億総活躍社会だのスローガンを掲げつつも、実際は保育園に子供を入れることは至難の技。待機児童問題が社会問題であるゆえ…

小規模保育白書が刊行!空き家を活用して待機児童問題を解決する

子供・子育て支援新制度がスタート NPOフローレンスの空き家や空き室を活用したミニ保育園である「おうち保育園」をモデルとして厚生労働省が制度化した「小規模保育」が4月から本格的にスタートしています。 小規模保育施設は新たに始まった3歳未満を対象…

空き家の活用で待機児童問題を解決する!「小規模保育白書」の出版のためにクラウドファンディングで寄付してみた

クラウドファンディングで初めて寄付してみた! NPOの特徴として”事業収入以外にも寄付や会費など様々なルートからファンドレイジング”していることが挙げられます。 「空き家や空き室を活用した小規模保育所のメリットや実態を保育関係者、そして利用者であ…

認定NPO法人フローレンスの「おうち保育園」が増えて欲しいから「区長への手紙」を書いてみたら返事が来た〜大田区編〜

「マンションの空き部屋や戸建て空き家や医院、事務所用途の物件など、様々な“空き物件”を有効活用して保育園につくりかえている」のが認定NPO法人フローレンスの「おうち保育園」です。 都市部にゲリラ的に発生する保育施設ニーズに機動的に対応することで”…

認定NPO法人フローレンスの「おうち保育園」が増えて欲しいから「区長への手紙」を書いてみたら返事が来た〜練馬区編〜

「マンションの空き部屋や戸建て空き家や医院、事務所用途の物件など、様々な“空き物件”を有効活用して保育園につくりかえている」のが認定NPO法人フローレンスの「おうち保育園」です。 都市部にゲリラ的に発生する保育施設ニーズに機動的に対応することで”…

認定NPO法人フローレンスの「おうち保育園」が増えて欲しいから「区長への手紙」を書いてみたら返事が来た〜世田谷区編〜

待機児童問題と空き家問題を一気に解決する「おうち保育園」が都内各地に出来て欲しい マンションの空き部屋や戸建て空き家や医院、事務所用途の物件など、様々な“空き物件”を有効活用して保育園につくりかえている認定NPO法人フローレンスの「おうち保育園…

待機児童問題と空き家問題の処方箋、認定NPO法人フローレンスの「おうち保育園」が増えて欲しいから「区長への手紙」を書いてみた

待機児童問題と空き家問題を一石二鳥で解決する「おうち保育園」 今日は病児保育や待機児童問題の解決や長時間労働を脱する働き方を変える事業を展開している「認定NPO法人フローレンス」の事業の一つである「おうち保育園」について取り上げます。 病児保育…

その空き家・空き室で「待機児童問題」を解決しませんか?(空き家活用事例紹介)

都内の待機児童数8,117人 「待機児童問題」ですが私が保育園児だった頃から今も昔も社会的課題であり続けています。 *1 このように待機児童はいつまでたっても減らない。むしろ保育所の新設が呼び水となり「潜在的保育需要」を掘り起こしているという「…