まちの余白を活用して新しい価値をつくる

空き家など「まちの余白」を活用して新しい価値を生み出す理論の研究と実践の試行錯誤

”空き家を単身・低所得高齢者のケア付き住まいに”医療・介護が必要になっても安心して暮らせる「住まい」を実現する【NPO法人自立支援センターふるさとの会】(空き家活用事例紹介)

団塊の世代がすべて75歳になる2025年 都市部では、医療や介護のニーズが高い75歳以上の高齢者が2025年にかけて急増します。東京都は現在の1.6倍の197万人に。神奈川県でも1.9倍の148万人。埼玉県は2倍の117万人になります。必然的…