まちの余白を活用して新しい価値をつくる

空き家など「まちの余白」を活用して新しい価値を生み出す理論の研究と実践の試行錯誤

空き家を活用してまちの魅力を伝える「第7回木曽の手仕事市」(空き家活用事例紹介)

空き家で工芸品を展示・販売 中山道(江戸時代の五街道の一つ)の宿場町である長野県木曽町で県内外の工芸作家が作品を展示、販売する「第7回木曽の手仕事市」が今日、明日と開催されています。 (画像引用元)全国の手仕事職人の作品が一斉に!