まちの余白を活用して新しい価値をつくる

空き家など「まちの余白」を活用して新しい価値を生み出す理論の研究と実践の試行錯誤

DIY型賃貸借契約を結んでみた(後編)

前提として「賃貸借契約書」を取り交わす 賃貸借契約書に「DIY改装の特約条項」を加える DIY改装の申請と承諾 最後に「合意書」も HRAD研究会の「賃貸DIYガイドラインver1.1」も参考になる まとめ 前編はこちらです。 akiya123.hatenablog.com 前提として「…

DIY型賃貸借契約を結んでみた(前編)

空き家は主に「賃貸住宅」と「個人住宅」の2種類 増加が目立つのは”個人住宅”の空き家 国土交通省も普及を目指す「DIY型賃貸借契約」とは 空き家は主に「賃貸住宅」と「個人住宅」の2種類 「空き家が増えている」と各種メディアで喧伝されるようになって5年…

これでDIY改装可能な賃貸が普及するか?!国土交通省が「DIY型賃貸借に関する契約書式例」と「DIY型賃貸借ガイドブック」を公開

DIY型賃貸借を国も後押し 全国の空き家総数約820万戸のうち、318万戸は「その他の住宅」、つまり個人住宅です。ざっくり言うと、空き家の6割は賃貸、4割は個人住宅といったところです。賃貸住宅はある意味、市場に出ているので、事業者や大家さんの経営しだ…

新しい賃貸借契約の形「借主負担DIY型」で空き家活用促進が進むか!?国土交通省が「空き家を活用するための知恵袋」発行(ヤフーニュース記事紹介)

「空き家を活用するための知恵袋」ってヤフー知恵袋の真似かっ!?ていうのは置いておいて。 空き家の35%を占める「その他の住宅」の賃貸流通や空き家の管理についてルールや指針はまだ整備されていない 空き家の種類を見ると「賃貸用の住宅」が54.5%…