空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

空き家を活用して社会的課題を解決したり、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

空き家を活用して子ども食堂に!

毎朝ほぼほぼ見ているMXテレビの情報番組モーニングクロスで、東京都板橋区高島平から程近い6畳二間のマンションの一室で毎日朝7時から夜8時まで開かれている子ども食堂が特集されていました(放送日:2018年7月4日)。番組で紹介されていたようにマンションの空き室しかり、戸建て住宅の空き家を活用して子ども食堂を開くという動きが各地に広がっていくと素敵です。

  • まいにち子ども食堂高島平
  • 毎日開催の意義は大きいけれど
  • サードプレイス的な場所
  • 増える子ども食堂の課題と今後

まいにち子ども食堂高島平

子ども食堂というと月2回とか毎月第2・4木曜日とか間隔を空けていることが多いように思いますが、今回番組で紹介されていた「まいにち子ども食堂高島平」はなんと毎日開催!しかも朝から晩まで!f:id:cbwinwin123:20180708095832p:plain(出典:DEEPコレクション・ 2018年07月04日(水)|モーニングCROSS|TOKYO MX

主催者であるNPO法人ワンダフルキッズの六郷伸司さんはお子さんを塾に通わせることができなかったことをきっかけに6年前に無料学習塾を立ち上げ、その後、学習以前に食べることができていない子どもたちの存在を目の当たりにし子ども食堂の開設を決められました。2016年から始めた子ども食堂は月2回でしたが、子どもの貧困問題の解決に向けて2018年3月からは「まいにち」開催になりました。

しかし、月にたった2回の開催。
本来食べることは1日3食必要なのに本当に月2回だけで問題改善になっているのか。

私はワンダフルキッズの活動を見直しました。

そして今回、知的障がい者グループホームのユーオン高島平さんとご協力し、まいにち子ども食堂を運営するプロジェクトの計画を始めることになったのです。

美味しく元気よく! 板橋区高島平に"まいにち子ども食堂"をOPEN!(NPO法人ワンダフルキッズ 六郷伸司) - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

f:id:cbwinwin123:20180708093644p:plain(出典:DEEPコレクション・ 2018年07月04日(水)|モーニングCROSS|TOKYO MX

毎日開催の意義は大きいけれど

連日20人以上の子どもたちが来てカードゲームやおしゃべりやかくれんぼといった好きなことをしているそうで、食堂以上の役割を担っている感じがします。

そこに連日20人以上のフレンディ達が、平日は放課後、土日祝日には午前中から、カードゲームやおしゃべり、ときにはかくれんぼやぬいぐるみでドッジボールなど、自分の好きなことをしています。そして飽きると近くの公園に行って遊んできて、そしてまた戻ってきてジュースや麦茶を飲みお菓子を食べながらまた遊んでいます。

子どもの居場所とは? | ワンダフルキッズのブログ

特に気になるのは運営スタッフのマンパワーが足りているのかという点です。料理から盛り付け、配膳、食器洗いの他にも子どもたちと一緒に遊んだり勉強の手伝いをしたり、活発な子どもたちを毎日!見守るスタッフの仕事はとても重要です。ワンダフルキッズのブログでは「メイツさん」という名称でスタッフ募集しています。

他にも資金面も気になりますが既にクラウドファンディングで約100人の賛同を得て、約120万円の資金調達に成功されています。子どもからお金を取れるわけではないので寄付やボランティアの力が大きいです(低額の参加費を取る子ども食堂もある)。

f:id:cbwinwin123:20180708093741p:plain (出典:DEEPコレクション・ 2018年07月04日(水)|モーニングCROSS|TOKYO MX

サードプレイス的な場所

続きを読む

イケてる空き家活用事例はこれだ!平成30年版首都圏白書から5つ選びました

平成30年版首都圏白書が2018年6月8日に公開されました。「首都圏における『都市のスポンジ化』への対応と、都市の魅力・活力の向上」というテーマで、イケてる空き家活用事例がたくさん紹介されています。

f:id:cbwinwin123:20180701111758p:plain(出典:http://www.mlit.go.jp/common/001237803.pdf

  • (1)商店街の再生(栃木県宇都宮市・もみじ通り)
  • (2)交流拠点整備による団地再生(埼玉県鳩山町鳩山ニュータウン
  • (3)ランドマークだった老朽化ビルのコンバージョン(神奈川県川崎市・複合施設unico)
  • (4)エリア一帯のリノベーションの連鎖(東京都江東区清澄白河エリア)
  • (5)若い世代をターゲットにした住宅の改装(神奈川県座間市・ホシノタニ団地)
  • 多様性を体現する空間づくり

(1)商店街の再生(栃木県宇都宮市・もみじ通り)

栃木県宇都宮市のもみじ通りはほとんどの店が世代交代することなく高齢化が進み、平成21年に商店会が解散します。平成22年に不動産業も営む建築家である株式会社ビルススタジオ塩田大成さんがオフィスを移転しカフェを誘致したことをきっかけに、空き店舗所有者とテナントの仲介を手がけるようになっていきました。

後背地の住宅地等の客層をとらえ、平成28年までに、建築家の目利きで選ばれたレコード店や美容室、雑貨店な ど17店舗が出店し、若いカップルや子ども連れが行き交う賑わいのある通りとして再生している。 

平成29年度首都圏整備に関する年次報告(要旨)p18

商店街の空き店舗が埋まらない理由で最も多いのが「(空き店舗)所有者に貸す意思がない」というものです。つまり、手間や費用をかけてまで貸したくはないと考える空き店舗所有者が多いわけです。そのため10年の定期借家契約とテナントによる改修費負担を基本スキームとすることで、テナント側のオーダーメイドの要望を満たしつつ空き店舗所有者の負担感が少なくし貸してもよいと思える仕組みを構築しています。塩田さんがなぜもみじ通りに目をつけたのかや、若者層や子ども連れが行き交うエリアへと再生させたプロセスはこちらの記事に詳しいです。

f:id:cbwinwin123:20180701113955p:plain(出典:http://www.mlit.go.jp/common/001237929.pdf

(2)交流拠点整備による団地再生(埼玉県鳩山町鳩山ニュータウン

昭和40年代から都内などへの通勤者向けの住宅団地として開発された鳩山ニュータウンは現在、高齢化率が45%超え、全体で約3,000世帯の内、空き家が100件を超えていました。鳩山町ではニュータウン一帯を「生涯活躍のまち」として捉え、小学校跡地に福祉・健康複合施設を、空き店舗に交流拠点「鳩山町コミュニティ・マルシェ」(2017年7月開設)を整備するなどしています。

マルシェ内の移住推進センターでは、移住の相談受付や移住推進のためのPR、空家バンクの整備などを行うとともに、地場産品を提供、販売する「まちおこしカフェ」や起業や学 習を支援する「シェア・オフィス」、「マルシェ研修室」などの地域交流のための機能も用意し、 ニュータウンの活性化を目指している。

平成29年度首都圏整備に関する年次報告(要旨)p20 

鳩山町コミュニティ・マルシェの指定管理者は建築設計事務所RFAです。主宰する藤村龍至さんは若手建築家として存在感があるとともに発信力があり注目です。

f:id:cbwinwin123:20180701121437p:plainhttp://www.mlit.go.jp/common/001237929.pdf

(3)ランドマークだった老朽化ビルのコンバージョン(神奈川県川崎市・複合施設unico)

続きを読む

「親の家問題」の一番の悩みは片付け

今回は、女性マーケティングの情報サイト「くらしHOW研究所」による全国の「親の家に関する悩みがある・あった」女性715人を対象に実施された「親の家についてのアンケート調査」を取り上げます。

  • どの年代も抱えている「親の家問題」
  • 一番の悩みは片付け
  • 片付け代行サービス、フリマアプリ、物置のシェアサービス

どの年代も抱えている「親の家問題」

国土交通省が実施した平成26年空家実態調査によると全国の戸建て空き家の取得理由の約5割は相続です。そして空き家は誰も住まず、売却や賃貸にも出されず、物置として使われているというケースも少なくありません。実家を空き家にする前に早め早めにアクションをしていく必要があります。「親の家についてのアンケート調査」では「あなたの親の家についての悩みは今どういう状況ですか?」という問いに対し、どの年代も約20%の人たちが「問題が起きていて今まさに悩んでいる」と回答しています(中でも50代が一番多く25%)。「親の家問題」は高齢化がますます進む中、今後先鋭化していくと思います。

f:id:cbwinwin123:20180630182356p:plain(出典:https://www.kurashihow.co.jp/wp-content/uploads/2018/06/1806_oyanoie.pdf

一番の悩みは片付け

続きを読む

敷地内にある建築物の安全管理の再確認がますます必要な件

  • 管理が行き届いていないブロック塀という凶器
  • 守られていなかった建築基準法
  • 敷地内にある建築物の安全管理の再確認が必要 

管理が行き届いていないブロック塀という凶器

大阪府北部で6月18日に発生した地震(最大震度6弱)により高槻市内の小学校のブロック塀が倒壊し、通学中の女児が死亡しました。また、大阪市内でも街路のブロック塀が崩れ、下敷きになった80歳代の男性が死亡しています。これまであまり大きく注目されてこなかったけれど、よく考えてみてば日常的に通る道路沿いなどでよく見かけるブロック塀は、管理が行き届いていないと歩行者の安全を脅かす凶器となることが改めて明らかになりました。

高槻市災害対策本部によると倒壊したのは、市立寿栄小学校のプールの周囲を囲む高さ3.5メートルの壁のうち、ブロック8段で組まれた上段部分(高さ1.6メートル)。約40メートルに渡って道路側に倒れた。

《大阪地震》ブロック塀が凶器に、事前にできることは? 寿栄小で9歳女児が死亡

Googleストリートビューで見てみると、高さ3.5mのブロック塀にはほのぼのする絵が描いてあることもあってか、建築に関する専門性を持っている人なら別でしょうが一見すると倒壊の危険があると認識するのは難しいです。

守られていなかった建築基準法

建物自体の耐震化の必要性はことさら言われていますが、ブロック塀のような土地に付着している建築物の安全管理についてはなかなか意識しないと行き届かないです。今回の小学校のブロック塀倒の原因は3つあります。

  1. 塀の高さ(建築基準法施行令では2.2m以下と定めているが約3.5mもあった)
  2. 塀を支える「控壁」がなかった(本来は控壁が10ヶ所以上必要だった)
  3. 鉄筋の状態(基礎から塀の上まで1本の鉄筋を通しておく必要がある)

www.nhk.or.jp

f:id:cbwinwin123:20180621060037p:plain

f:id:cbwinwin123:20180621060100p:plain(画像:モーニングCROSS|TOKYO MX

敷地内にある建築物の安全管理の再確認が必要 

続きを読む

イタリア発祥の「アルベルゴ・ディフーゾ」(分散型ホテル)の魅力

  • 散らばっている空き家を活用し地域一帯をホテルとする
  • 日本にも存在するアルベルゴ・ディフーゾ
  • 街の歴史や文化を体験する

散らばっている空き家を活用し地域一帯をホテルとする

地域に散らばっている空き家を活用し、建物単体ではなく地域一帯をホテルとするイタリア発祥の取組「アルベルゴ・ディフーゾ(Albergo Diffuso)」をご存知でしょうか?アルベルゴ=宿、ディフーゾ=散らばっているという意味で、直訳すると「散在する宿」です。普通、ホテルというとホテルの中にレストランやバーがあって、お土産が売ってたり、いろいろな催しがやってたりしますが「散在する宿」は違います。その名の通り一つのホテルの中でサービスが完結するのではなく、地域のいくつもの場所でおもてなしがあります。

町に1つのレセプション(受付)があり、そこでチェックインして、町の中のどこかのお部屋の鍵を受け取る。まるでその町に住んでいるかのように滞在するスタイルのホテルのことです。朝食&夕食会場もきまった町中のレストランでとる。いわば、垂直に高いホテルではなく、水平に広がるホテル。ネットワーク型ホテルなんて呼ばれているのも聞いたことがあります。

DAY0 イタリアのスローシティ、アルベルゴディフーゾ、アグリツーリズム巡り | coinaca/コイナカ

f:id:cbwinwin123:20180618070032p:plain(出典:http://www.albergodiffuso.com)アルベルゴ・ディフーゾ協会のウェブサイトから。まさに地域に宿が分散しています。

アルベルゴ・ディフーゾは1980年代に考案され、その後イタリア各地に広がっていきました。 

アルベルゴ・ディフーゾ(Albergo diffuso)とは、点在して広がる宿という意味。
1980年代にフリウリ州で考案され、90年代にサルデーニャ島をはじめイタリア各地に広がった、空き家を有効利用した新しいタイプの宿なのです。

トスカーナの素敵なアルベルゴ・ディフーゾの宿 : butakoの2年間の休暇 *イタリア料理と私*

f:id:cbwinwin123:20180618071730p:plain(出典:http://www.alberghidiffusi.it

日本にも存在するアルベルゴ・ディフーゾ

続きを読む