空き家の活用で社会的課題を解決する

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

ゼンリン(地図情報会社)と自治体が連携して空き家データベースを作る

  • 1000軒以上の点在している空き家所有者への連絡が取れないことが捜索を難しくさせている
  • 空き家データベースの必要性
  • 空き家バンクに登録されている空き家+特定空き家+それ以外の空き家
  • ゼンリンの力
  • 防犯以外にも防災、移住促進、サービス誘致につながる

1000軒以上の点在している空き家所有者への連絡が取れないことが捜索を難しくさせている

愛媛県今治市の松山刑務所造船作業場から受刑者が逃走した事件は、発生から1週間が経ってもまだ行方がわかっていません(2018年4月15日現在)。指名手配された容疑者が潜伏しているとみられる広島県尾道市向島には、延べ5000人の捜査員が投入されています。それでもなかなか見つからない要因の一つに、1000軒以上の点在する空き家の所有者に連絡が取れないため空き家の中に入るなどして捜索ができないことが挙げられています

続きを読む

新サービス「空き家オーナーリスト」がリリースされたけど…

  • 空き家所有者情報は宝の山
  • 地道にオフラインで空き家状況と空き家所有者情報を調査
  • 空き家1件につき1,700円〜
  • オプトアウトの届出書を申請して受理されている
  • そういえば、うるるの「空き家活用ポータル」というのもあった
  • 空き家所有者情報の民間事業者への外部提供
  • ブロックチェーン技術と空き家活用

空き家所有者情報は宝の山

今年2月に株式会社ナビットというデータやリストの販売や調査代行を行なっている企業から「空き家オーナーリスト」なる新サービスがリリースされました。これは、いわゆるSOHOという形態で働く人たちが空き家調査員として登録され、依頼者からのオーダーに基づいて全国各地の指定のエリアの空き家状況、空き家所有者などを調べるという内容です。

続きを読む

埼玉県が発行した「住まなくなったらこうする!空き家管理・活用の道しるべ」がわかりやすい

  • 要点を絞っていて読みやすい
  • 人口減少・住宅過剰社会において不動産の価値とは
  • 管理する
  • 売却する
  • 賃貸する
  • 解体する
  • 登記、改修費用補助

要点を絞っていて読みやすい

埼玉県、県内全市町村及び関係団体で構成する「埼玉県空き家対策連絡会議」は、今年3月、空き家しかり建物の所有者が建物の今後を考えるきっかけにしてもらうための小冊子「住まなくなったらこうする!空き家管理・活用の道しるべ」を発行しました。A4カラー16ページと、コンパクトにまとまっていて読みやすいです。

続きを読む

都市部の既存建築物を用途変更して保育所にしやすく

  • 4人に1人が落選
  • 需要が集中する都市部の用地不足 
  • 都市部では使われていない既存建築物がたくさん
  • 保育所の採光規制緩和保育所の用途変更がしやすく

4人に1人が落選

相変わらず待機児童問題は社会問題であり続けています。朝日新聞の調査によると、今年4月の入園に向けて認可保育施設に申し込んで1次選考に落選した子どもが、57自治体で計6万人を超えたそうです。 申込者に占める落選者の割合は約26%であり、4人に1人が落選するという現状です。これでは安心して子育てして働くことができません。ひいては少子化は加速してしまいます。

続きを読む

築30年超の2階建てアパートの空き室が科学館「Exedra(エクセドラ)」に

  • アパートの空き室が科学館に 
  • 東京大学柏キャンパスの大学院生たちを中心とした「柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)」が主体
  • 1階の2部屋をつなげて展示室に、1部屋を実験室に
  • 子どものためだけではなく大人向けでもある
  • 空き家のポテンシャルを引き出す

アパートの空き室が科学館に 

今回も素敵な空き家活用事例を見つけました。JR柏駅徒歩5分の路地の一角にある築30年超の2階建てアパートの空き室が、1年5ヶ月かけてDIY改装され科学館「Exedra(エクセドラ)」として今年1月にオープンしています。柏市内では初めての科学館が誕生しました。

(空き家活用事例を紹介した過去記事はこちら。)

続きを読む