マチノヨハク

空き家を活用して新しい価値をつくる

MENU

2018-06-01から1ヶ月間の記事一覧

「親の家問題」の一番の悩みは片付け

今回は、女性マーケティングの情報サイト「くらしHOW研究所」による全国の「親の家に関する悩みがある・あった」女性715人を対象に実施された「親の家についてのアンケート調査」を取り上げます。 どの年代も抱えている「親の家問題」 一番の悩みは片付け 片…

敷地内にある建築物の安全管理の再確認がますます必要な件

管理が行き届いていないブロック塀という凶器 守られていなかった建築基準法 敷地内にある建築物の安全管理の再確認が必要 管理が行き届いていないブロック塀という凶器 大阪府北部で6月18日に発生した地震(最大震度6弱)により高槻市内の小学校のブロック…

イタリア発祥の「アルベルゴ・ディフーゾ」(分散型ホテル)の魅力

散らばっている空き家を活用し地域一帯をホテルとする 日本にも存在するアルベルゴ・ディフーゾ 街の歴史や文化を体験する 散らばっている空き家を活用し地域一帯をホテルとする 地域に散らばっている空き家を活用し、建物単体ではなく地域一帯をホテルとす…

新築中心の不動産市場は否応無く崩壊する

2018年6月13日、野村総研によりニュースリリースが公表されました。結論から言うと、もはや新築中心の不動産市場は否応無く崩壊し、空き家の増加が都市生活に具体的な悪影響を及ぼし出します。今回のレポートでは大工の人数の予測をしている点が目新しいです…

住宅宿泊事業法(民泊新法)が本日施行!課題も多いけれど民泊ビジネス拡大中

住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行 届け出件数は低調 空き家を民泊施設にリノベーション 民泊ビジネス拡大へ 住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行 2018年6月15日、住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法が施行されます。自治体に届け出れば原則誰でも、住宅や空き…

土地の所有者不明化問題の解決に向けた第一歩

所有者不明土地特措法が成立 公共目的な事業が前進しやすくなる 土地の所有者不明化問題対策はまだまだこれから 所有者不明土地特措法が成立 所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法が2018年6月6日に参院本会議で可決成立しました。目立つところ…

都市を再編集する

都市を再編集する 賃貸マンションの1階奥の駐輪場が…素敵なバーに! 線路沿いのボロボロの木賃アパートが…音を出せるシェアアトリエに! 建物のポテンシャルを引き出し使われ方をアップデート 事業として経営が成り立つことがとても大事 都市を再編集する 宇…

空き家所有者情報を持つ自治体と民間事業者が連携して空き家を流通させる!

固定資産税課税台帳の空き家所有者情報を空き家対策部局の職員が利用可能に 空き家所有者情報を空き家対策部局が利用できるようになったけど… 「いこま空き家流通促進プラットホーム」が設立! 初年度は30軒程度の空き家を流通させたい考え 固定資産税課税台…

戸建て空き家をリノベーションして認可小規模保育所「富士こでまり保育園」に!

空き家はオーナーの理解や活用のアイデア、建築基準法や都市計画制度などとの整合性、改修費用の工面など、様々なハードルを越えることで住宅以外の用途で活用可能です。静岡県富士市にある認可小規模保育所「富士こでまり保育園」は、戸建て空き家をリノベ…