マチノヨハク

空き家を活用して新しい価値をつくる

MENU

2016-01-01から1ヶ月間の記事一覧

空き家を介護施設に!政府方針が固まる

空き家を活用した在宅介護・医療のインフラを整備 年明けから行政による空き家活用の動きが活発化しています。東京都では、介護施設が空き家を活用して職員用の住宅を確保した場合に、家賃補助を2016年度から導入することを決めたり、国では、空き家を「準公…

空き家を「準公営住宅」に活用!空き家活用に補助金出すのは前進だけど、それだけでは微妙

空き家活用に国も本格的に目を向き出してきた まずはこちらのニュース「空き家を「準公営住宅」に 国交省、子育て世帯支援 :日本経済新聞」ですが、全国で増加している空き家を公営住宅に準じる住宅「準公営住宅」として活用する計画だそうで、制度の詳細設…

空き家活用に補助金を出す東京都の新しい取り組みに良くも悪くも注目

空き家を活用する介護事業者や空き家所有者などに補助金 今日の朝日新聞のこちらのニュース、「空き家を活用なら補助金 東京都、介護職員宿舎など想定:朝日新聞デジタル」によると、全国の空き家数820万戸のうち1割に及ぶ82万戸の空き家が存在している東京…

介護施設に必要な設備が大体揃っているラブホテルを介護施設に転用する

ラブホを介護施設に転用 年末にSNSに流れていたこちらのサイト、「廃業したラブホテルが続々と介護施設へ変わるのが今アツい→その理由が納得! - Togetterまとめ」ですが、既存ストックを有効活用して社会的課題を解決するという組み合わせが面白いです。 近…

介護施設が空き家を活用して職員用の住宅を確保する場合に、家賃補助を2016年度から導入|東京都

空き家を介護施設職員用の住宅に 介護施設の職員の待遇を改善し人手不足の解消を目的に、東京都は2016年度から、介護施設が空き家などを活用して職員用の住宅を確保する場合、家賃を補助する制度を導入する方針を決めました。都内では団塊の世代が75歳以上に…

千葉県松戸駅前のまちづくりプロジェクト・MAD Cityが目指す「クリエイティブな自治区」とは?

まちづくりプロジェクトを進める街を選ぶための3つのポイント News Picksに取り上げられている千葉県松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の特集記事第3弾にして最終回から。MAD Cityプロジェクトを立ち上げた寺井元一さんは松戸出身でもなければ、…