空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

”空き家が街を面白くする”トークイベント「desart & dessert vol.9」へ行ってきた(前編)

八王子で「空き家再生」をテーマにトークイベント

 

ヤフーニュースで知りました。八王子で空き家イベントがあるということで、すかさずフェイスブックで参加申し込みしました。徳島県神山町台東区谷中とでそれぞれ空き家活用に取り組む建築家のお話ということで現場の生の声が聴けました。

 

f:id:cbwinwin123:20140531220401p:plain

八王子で「空き家再生」テーマにトークイベント−建築家2人が議論 /東京 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース

 

f:id:cbwinwin123:20140531220107j:plain

(イベントの様子。八王子のBrasserie Basel(バーゼル京王八王子店)というお店で30名〜40名位いたかな。)

 

主催は郊外の街・八王子で空きテナント活用でアートプロジェクトを行う「Akiten」

 

 イベントの中身に行く前に、このイベントの主催は「Akiten」(アキテン)という八王子を舞台に空きテナントを活用して地域密着型アートプロジェクトに取り組んでいる団体(というかプロジェクト)です。

 

八王子駅周辺の空きテナントを使ってアーティストの作品展を行うなど、さまざまプロジェクトを行いながら、NPOの設立に向けた準備を進めている「AKITEN」が主催する今回のイベント。2012年春以降、不定期にトークイベントを開いており、今回からは東京都が進める「東京文化発信プロジェクト」の一環として開催される。

八王子で「空き家再生」テーマにトークイベント−建築家2人が議論 /東京 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース

 

「Akiten」では空きテナントの活用に焦点を絞っていたようで「空き家」の活用にまでは取り組んでいなかったそうです。都市でも地方でもない郊外である八王子において「住む」以外の選択肢を空き家に持たせることで空き家の活用、ひいてはまちづくりに活かしていきたいということのようです。そこで今回初めて空き家にスポットライトを当ててトークイベントを開催することになったそうです。

 

 これまでにも街にある空きスペースの活用を進めてきたが、「八王子の中心市街地で活動していたこともあって、空き家を使った取り組みはしてこなかった」と話すのは、「AKITEN」を手掛け八王子市議会議員として活動する及川賢一さん。「中心市街地の外に出ればテナントよりも家の方が多く、空き家が増え続けた結果、街が虫食い状態になっている」としたうえで、「住むという使い方だけでは空き屋は埋まっていかないので、住む以外の選択肢を空き家に持たせていく必要がある」と、今回、テーマとして取り上げることにしたという。

八王子で「空き家再生」テーマにトークイベント−建築家2人が議論 /東京 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース

 

地域社会という現場で空き家活用・再生に取り組む建築家2人の話を聴く

 

今回のゲストのお二人は徳島と東京と地方と都会という別々の街で空き家活用・再生に取り組んでいらっしゃいます。建築家さんって芸術肌というか設計だけしてそれで終わり、後の使い方やメンテナンスは任せたっていうイメージがあったりしますが、今回のお二人は設計だけに留まらず空き家の活用・再生を通して実際に地域社会の活性化に貢献されています。

 

ゲストの2人については、「単なる建築設計の範囲にとどまることなく、実際に地域社会に入り込み、その活性化に寄与する活動を行っている建築家」と、自身も建築家として活動し「AKITEN」に携わるTYRANT(明神町2)の松葉邦彦さん。「多くの建築家は自分の手掛けた建築と地域社会との関係や役割を雄弁に語るが、その大半は建築作品の正当化に過ぎず、実社会においてはほとんど無意味な実践を伴わない机上の空論」。そんな中、今回の2人は「八王子の地域活性化を目的としているAKITENに関わる同業者して大変共感を覚えるので、ぜひ話をうかがいたい」と話す。

八王子で「空き家再生」テーマにトークイベント−建築家2人が議論 /東京 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース

 

後編ではこのお二人がどのように空き家活用・再生に取り組まれているかをお伝えします。

 

・・・・・

(参考)今回のトークイベントの開催告知文

f:id:cbwinwin123:20140531224614j:plain

desart & dessert vol.9
各界で活躍するクリエイターやアーティストをゲストに招き、まちづくりとアート・クリエイティブをテーマに行うトークイベント「desart & dessert」

第9回目のゲストは、徳島県神山町および台東区谷中でそれぞれ空き家の再生による街の活性化プロジェクトに取り組む二名の建築家です。お二人が取り組む空き家再生の事例を紹介していただきながら、街に対する将来のビジョンや建築家としての想いなどを伺っていく予定です。

トークテーマ:空き家が街を面白くする
ゲスト:坂東幸輔さん( 建築家 / 坂東幸輔建築設計事務所)、宮崎晃吉さん(建築家 / HAGISO)
モデレーター:及川賢一(八王子市議会議員 / AKITEN)
日時:平成26年5月31日(土)19:00~22:00
場所:Brasserie Basel(バーゼル京王八王子店)  東京都八王子市明神町3-20-6-1F 
TLE:042-648-0824
トークイベント参加費:500円 / 懇親会参加費:3000円
参加人数:30名程度(予定)

ゲストプロフィール
坂東幸輔さん( 建築家 / 坂東幸輔建築設計事務所)
1979年徳島県生まれ、ハーバード大学大学院デザインスクール修了、坂東幸輔建築設計事務所主宰。徳島県神山町で空家再生プロジェクト「空家町屋」の立ち上げ、空家となった長屋の一角を、都心のIT企業等のサテライトオフィスへと改修・再生させるなどといった取り組みを行っている。

宮崎晃吉さん(建築家 / HAGISO)
1982年群馬県生まれ、東京芸術大学大学院美術研究科修士課程建築専攻修了、HAGISO主宰。老朽化のため解体することが決定した木造アパート「萩荘」をカフェ、ギャラリー、オフィスなどからなる最小文化複合施設「HAGISO」に再生させ、その運営を行っている。

申し込み方法: 1)氏名、2)所属、3)電話番号を記入の上、メールでinfo@akiten.jpまで連絡。
問い合わせ先:AKITEN事務局 
※お寄せいただいた個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用致します。
主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、AKITEN(NPO法人申請中)

desart & dessert vol.9 [Now Events]

・・・・・