空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

”空き家を遍路宿に”四国発お遍路文化で地域活性化(空き家活用事例紹介)

空き家を遍路宿に再生

 

またもヤフーニュースから。四国の愛媛県宇和島市で市民団体を中心に空き家を活用した遍路宿の整備が始まっています。

 

深刻な過疎化が進む集落の活性化と存続につなげようと、愛媛県宇和島市津島町下畑地の上槙地区で14日、空き家を活用した遍路宿の整備事業が始まった。市民団体や市内外から集まったボランティアが懸命に作業。定期的な活動を続け、半年後の完成を目指す。 

空き家を遍路宿に 宇和島の市民団体ら整備 (愛媛新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース

 

f:id:cbwinwin123:20140617184344p:plain

画像引用元

 

そもそも「お遍路」ってなに?

 

そもそも「お遍路」って何かなと思って調べたところ、簡単にいえば「四国の88カ所のお寺を巡ること」です。より詳しくは以下のウェブサイトなどをご覧ください。

お遍路のススメ / お遍路とは・遍路とは

 

つまり88カ所のお寺を巡るには徒歩だと40日程度、自動車や団体バスでも8日から11日はかかるので、付近には「遍路宿」が必ず必要になってきます。

 

昨今は観光としてお遍路を積極的に売り出しているのでそういった切り口からお客さんを増やし、遍路宿も充実させることが必要になってくるという流れがつくれると思います。

 

なお、正確な統計は無いですが巡礼者数は年間で10万〜30万人です。

 

担い手は地元自治会と市民団体とボランティア

 

この”空き家遍路宿プロジェクト”は地元自治会と市民団体と宇和島市内外から集まったボランティアたちで取り組んでいます。

 

事業は、地元自治会と「四国へんろ道文化」世界遺産化の会が中心となった「上槙プロジェクト」の一環。

空き家を遍路宿に 宇和島の市民団体ら整備 (愛媛新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース

 

空き家は所有者から無償提供(寄付?)

 

空き家は所有者から無償提供とのことですのでもしかしたら寄付されたのかもしれません。高齢化と社会貢献意識の高まりなどから住宅を含めた”遺産”を地域のために活かしたいという声やニーズも高まっています。そのため、ちゃんと地域や街のために活用してきちんと成果を出してくれる人や団体に寄付をしたいものです。

 

(メモ)

仏教はお遍路、キリスト教イスラム教は巡礼。各地のお寺や神社、教会、礼拝所を回るから各地域の経済効果もかなりあると思う。人が集まればお金も回る。

 

関連記事はこちら。

「京都×空き家×まちづくり」〜京都だからできる空き家活用の可能性、空き家をきっかけとしたまちづくり〜2014年6月7日イベントレポート5/8公益財団法人京都地域創造基金 - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

遺産(空き家など)の寄付・提供はこちらへ。

遺産・相続地域活用センター

投資としての寄付についてわかりやすく書かれた本。

「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付

「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付