空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

尾道の大型空き家「みはらし亭」の再生プロジェクトに注目

坂のゲストハウス

 

最も有名な空き家再生プロジェクトの一つであるNPO法人尾道空き家再生プロジェクトが手がけている「みはらし亭」という木造2階建ての元旅館。大正10年に別荘として建てられ、昭和30年代に現在の所有者の先代が購入、40年代に「みはらし亭」として旅館営業を始めたそうです。しかし、現在は営業を停止して長い年月が経っている状態です。

 

そこでNPO法人尾道空き家再生プロジェクトが”坂のゲストハウス”に向けた再生に乗り出しています。

 

我々NPOは、この歴史的建造物を尾道の文化的景観の中で、失ってはならない大切な尾道の宝ととらえ、再生活用を決意しました。尾道の「別荘建築」の拠点的存在として、現在、地元の職人さんや建築士さん、尾道市尾道大学関係者、地元関係団体のみなさんとともに再生、活用に挑んでいます。観光的にも重要な千光寺参道に面した絶景のロケーションと商店街の尾道町屋を再生した路地のゲストハウス「あなごのねどこ」の経験を生かして、こちらも坂のゲストハウスとして再生していく予定です。

NPO法人尾道空き家再生プロジェクトの活動履歴

 

f:id:cbwinwin123:20150602200942p:plain

画像引用元) 絶景です。

 

来年2月のオープンを目指す

 

今年6月から本格的に改修に着手し、来年2月のオープンを目指しています。

 

地元のNPO法人が6月、本格的な改修に着手し、旅館当時と同じ「みはらし亭」の名称で来年2月オープンを目指す。文化庁の新制度「日本遺産」に認定された尾道水道と市街地を客室から一望できる。観光の目玉の一つになりそうだ。

尾道一望の元旅館、ゲストハウスに 大正期の輝き再び 

 

今年3月には「みはらし亭」再生合宿が開かれた

 

今年3月には一週間かけて「みはらし亭」再生合宿が行われました。大学生や社会人が参加しました

 

f:id:cbwinwin123:20150602201845p:plain

画像引用元

 

尾道と同じように坂の街・長崎で空き家活用団体「つくる」を立ち上げている岩本論さんなどが参加されました。

(参照:#尾道空き家再生春合宿 hashtag on Twitter

 

 

延べ約200平方メートルの大型物件

 

「みはらし亭」は延べ約200平方メートルの大型物件です。個人での活用は難しいためNPO法人尾道空き家再生プロジェクトが2010年ごろから検討を重ねてきました

 

9月には「みはらし亭」再生合宿第二弾も控えているようです。今後の展開が楽しみです。

 

【今後の改修工事からオープンまでのスケジュール】

<平成26年>

・1月〜2月 離れの構造•屋根工事

・3月 みはらし亭再生合宿第一弾 空き家再生春合宿開催 〜離れ工事編〜

<平成27年>

・春〜夏期:石垣、基礎、上部の構造補強工事、屋根および外観補修工事

・夏〜秋期:床、壁、天井、レセプション及びカフェスペース内装工事

・9月:みはらし亭再生合宿第二弾 空き家再生夏合宿開催 〜本館工事編〜

・2月:坂の上のゲストハウス「みはらし亭」オープン予定

NPO法人尾道空き家再生プロジェクトの活動履歴