読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

空き家を短期旅行者に宿泊用に貸し出す「Airbnb」の可能性

空き家を短期旅行者に宿泊用に貸し出す

 

昨日の夜に何気なくつけたテレビ番組で、渋谷へ旅行で来た外国人が「Airbnb」を利用して目黒にある普通のマンションを借りて宿泊しているっていうことが紹介されていました。

 

持ち家の空き家をお持ちのオーナーさんはぜひ「Airbnb」にチャレンジしてみるのもありだと思います。

 

f:id:cbwinwin123:20140818212707p:plain

画像引用元Airbnbウェブサイト。止まりたい国、地域を入力すると宿泊可能な物件が出てきます。

 

テレビ番組では外国人から見た日本の良さとして挙げられていたのは、24時間コンビニが開いていたり、夜中でも治安が良かったり、新宿のゴールデン街などエキゾチックだったり。あと、地下鉄車内で落とした携帯電話が落とし物センターに届けられていて戻ってきたことなど。

 

逆に悪い点はビジネスホテルが狭いことなど。あとは英語があまり通じないってことですかね。

 

今のところ「Airbnb」の主な利用者は外国人観光客

 

さてなぜテレビ番組で"外国人観光客特集"が放送されていたのかという点ですが、この背景には2020年東京オリンピックに向けて政府が外国人観光客を現在の2倍の2千万人に増やそうとしている事情があります。

 

f:id:cbwinwin123:20140818222819p:plain

画像引用元)訪日外国人客は昨年1千万人を突破。今年も昨年を3割近く上回る過去最高のペースで推移しているようです。

 

宿泊費用も安くて、色々生活に必要なアメニティも揃っているということで普通の住宅に泊まる「Airbnb」の仕組みは外国人にウケているようです。そもそも欧米では1ヶ月くらいの長期休暇(バカンス)が当たり前だから、ホテルではなくて、安くて現地の生活を体感出来る滞在に重きを置いたユースホステルやゲストハウス、そして「Airbnb」に泊まるっていうのが普通なんだと思います。

 

今のところ「Airbnb」を主に使っているのは外国人が多い印象がありますが、将来的には日本人の国内旅行や出張などの際に個人の住宅の空き家を「Airbnb」として活用していくということに大きな可能性があると思います。

 

国内の「Airbnb」登録件数は首都圏の都市は1000件以上の登録有り、しかし地方部はまだ少ない

 

東京都内は1000件以上も登録されています。あと横浜なども1000件以上ということで首都圏の都市部は結構「Airbnb」が広がってきているような感じです。大阪は471件。人気観光地ランキングで一位になった京都は455件。福岡48件。名古屋37件です。

 

f:id:cbwinwin123:20140818213221p:plain

画像引用元)「京都」で検索。現在、455件登録されているようです。京都市内の空き家は約11万戸(空き家率14.1%)なのでまだまだ”空き家Airbnb活用”のポテンシャルは相当あります。

 

イケダハヤトさんの移住、そして知事が移住促進に本気を出している高知は1件で四国全体でも7件ということでちょっと寂しい。

 

f:id:cbwinwin123:20140818231035p:plain

 (画像引用元高知県の空き家総数は約6万3千で、その内破損していない空き家は約4万4千。京都以上のポテンシャルがあります。

 

関連記事はこちら。

”暮らすように旅する”「家旅」という旅行スタイルが魅力的 - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

空き家活用アイデアまとめ(「NEWS PICKS」から) - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

”個人住宅・賃貸物件の空き家を観光客の宿泊施設に”空き家を活用して観光立国を実現する - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

空き家を短期間シェアするAirbnbの仕組みが定着するように既存の法律や社会制度のアップデートが必要 - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

Airbnb(個人が所有している部屋を有料で宿泊希望者に貸すサービス)の仕組みに法律(旅館業法)が追いついてきていない - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ

Airbnbで月30万円を稼ぐなんちゃって|*・ω・)ノ** ホテルオーナーのブログ