読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き家グッド

空き家、空き室、空きビル、空き店舗、空き倉庫は問題ではなく可能性!空き家を活用して社会的課題を解決し、新しい街のコンテンツに生まれ変わらせる。そんな観点から書いているブログです。

まちづくりではなく”まちのコンテンツづくり”(リノベーションまちづくり塾@豊島区第2回レポートpart1)

豊島区の取組

まちづくり→まちのコンテンツづくりへ

 

1月13日に豊島区生活産業プラザで行われた2回目の「リノベーションまちづくり塾@豊島区」のレポートをぼちぼちまとめていきます。なにぶん本編の、福岡でビル再生に取り組むスペースRデザインの吉原勝己さんのお話の中身がめちゃくちゃ濃いので咀嚼するのに時間がかかります。

 

ということで前段に行われた、豊島区のリノベーションまちづくり検討委員会の委員長でもある都市再生プロデューサーの清水義次さんのお話をまとめます。

 

なお当日の様子はこちらのブログにまとまっています。

【池袋】第2回リノベーションまちづくり塾@豊島区に参加!【池袋ブログ】

 

f:id:cbwinwin123:20150202183313j:plain

最初は清水さんの挨拶。そしてリノベーションまちづくりの概要プレゼン。

 

f:id:cbwinwin123:20150202183352j:plain

まちづくりではなく、より具体的に”まちのコンテンツづくり” なんだと清水さんはおっしゃいます。住むこと、働くこと、遊ぶこと、といった生活に根ざした商品やサービスを提供するコンテンツを町に点在する空き家を使ってつくること。そこで新しい居住スタイルや働き方、産業が生まれ雇用も創出される。空き家がコンテンツを再生産していくようなイメージです。

 

f:id:cbwinwin123:20150202183955j:plain

まちのコンテンツ例が示されています。(1)人、企業、組織(2)衣食住のライフスタイル(3)スポーツ・芸術・デザイン(ハイカルチャーサブカルチャー、伝統文化)を楽しむ(4)都市型産業集積。 

 

f:id:cbwinwin123:20150202184030j:plain

清水さんは不動産オーナーがオープンマインドで不動産を町に開いてコンテンツづくりに取り組むことがとても重要だとおっしゃいます。コンテンツづくりの結果、町の魅力が上がり”エリア価値”が上昇するというレベルまで行くことが目標なのでしょう。

 

f:id:cbwinwin123:20150202184113j:plain

今度、豊島区でもリノベーションスクールが開催されますが、遊休不動産オーナーの皆様へ計画対象物件を募集しています。リノベーションまちづくりには不動産オーナーの力がとても重要です。 

 

f:id:cbwinwin123:20150202191945p:plain

リノベーションスクール@豊島区 on Strikingly

 

関連記事はこちら。

リノベーションまちづくり塾@豊島区第1回レポートpart1 - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ